リキッドに目覚めさせることはなんですか?

近年、世界では自然を尊ンデ、自然を回帰することはだんだん不可抗力の流れになります。食品香料とエッセンスの発展もこのブームを避けない。天然は安全だ、あるいは天然のものは少なくとも人工のよりもより安全だと言う観念が根強いです。
アメリカのFDAは天然食品香料とは精油、樹脂、ジュースエッセンシャルオイルあるいはエキス、加水分解蛋白質、蒸留物(留出物)あるいはいかなる経焼き上げるや加熱や酵素の産物と定義をくだしました。
EUの有機基準 EC834/2007&889/2008により、天然味付け剤としてただ天然エッセンスを有機製品の中に添加できます。
EU理事会88/388/EECにより、天然食用香料と天然味付け剤と定義を下しました。人工味付け剤と天然味付け剤と同じです。しかし、加工味付け剤とスモーク味付け剤は許可されません。
食品色素と違って、天然味付け剤はどんな場合でも使用できます。食品色素は食用に用いるのことを許可されません。それで、正常のリキッドの味は無色、淺い黄色、黄色、オレンジ、褐色などです。明るくて怪異色なら、食品色素を添加されるので、色を変えました。できるだけ、この種類の製品を使用しないでください。
HILIQのエッセンスは天然の草花や植物を選択して使用します。粉砕、発酵、蒸留・搾取、寒い磨、抽出や吸着などの物理と化学方法で加工して精製します。花、草、果実、タバコなど天然植物から果物、草花、タバコなどの香りを持って、体に悪くない植物エキスを抽出して調合します。
天然の植物から抽出したものは、時間を達津に伴って、香りはさらにまろやかになります。ワインと白酒と似ています。同じ道理、調合したリキッドは最高の効果を達つために、目覚めさせることが要ります
1瓶新しい調合したリキッドは蓋をして、揺れてにはきっと「均一」ではない。
もし各成分は均一に混合されないと、吸うとき、雑味が気づいていくかもしれません甚だしきに至っては変な味が出ています。
フォーラムには初心者がいつも「最高的なイチゴのエッセンスを買った、聞いていい、調合したリキッドは腐ったイチゴのように!」と文句します。
なぜですか?それはリキッドに目覚めさせなくて、あるいはリキッドに十分に目覚めさせないからです。リキッドに目覚めさせるの目的は一つだけです。つまり、ベスト風味を得るために
諸成分(主に香料)を「分子級」の均匀融合している状態が要ります。
十分に目覚めさせたりキッドの色はちょっと深くなります。そしていろんな味、香り豊かな段落がはっきりしている。
じゃ、どのようにリキッドに目覚めさせる?方法は百種る以上があります。いずれにせよ、核心は変わらない。初心者にとって、どうのようにすることに迷っているかもしれません。以下は私のおすすめです。
1、リキッドを調合した後、蓋をして数分に揺れる(各原料を大体混合する)
2、ふたを開けて乾燥で涼しくて吹き抜きところに12時間くらい置く。その理由は二つがあります。まず、各原料は工場でパッケージの時は多かれ少なかれ抽出物を殘って、例えばアルコールなどの刺激性の味、蓋を開けように置いてはこれらの不快な匂いが消える。次、さまざまな成分は空気と十分接触を通じて酸化したり、揮発したり、中和したりすることができます。
3.12時間を達あと、瓶の蓋をかぶせ。乾燥で暗くて涼しい所を引き続き置いて、毎日に一度揺れる。
毎日キャップを開けてちょっと新鮮な空気が入るさせて、この過程を1~3周ぐらい続けていくがよろしいです。

この記事へのコメント