アトマイザーとよくある問題

           アトマイザーとよくある問題
電子タバコは誕生から今まで3段階を経った。
第一段階は電池レバー式の電子タバコです。発熱量が低くて、リキッドを続かないなどの理由で、主流を退いた。
第二段階はEGOの誕生からはじめます。EGOの誕生に伴って、リキッドを貯蔵する電子タバコを誕生しました。それは電子タバコ歴史の重要な変革です。それはリアルタバコを電子タバコに代替することが可能になります。
私達は現在第三段階を経験している。完成品(EGO)アトマイザーや含油式アトマイザーやリキッドを貯蔵できる式アトマイザーが併存する時代です。
アトマイザーの種類:
1、 Rebuildable Atomizer、略称RBA。意味は改めて組み立てられるアトマイザーです。 全て組み立てられるアトマイザーの総称です。
2、Rebuildable Dripper Atomizer,略称RDA。意味は滴油式アトマイザーです。一般、煙を多くなると試合するとき、使用されます。
3、 Rebuildable Tank Atomizer,略称RTA。意味はリキッドを貯蔵できるアトマイザーです。持続して吸うことができます。愛煙家のもっとも常用の選択です。
4、 Cleaning Atomizerは完成品アトマイザーを指す。組み立てれません。時間を経つに伴って、新しいものを交換しなければならない。
今天,我们来了解下雾化器和使用中容易遇见的几种常见问题。
今日、私達は一緒にアトマイザーとよくある問題を了解しましょう。
1.气孔为什么会漏油?何故リキッドを漏れる?
噴霧室を良く締めない。カプセルのゴム圏が割れた。ゴム圏をよくインストールされない。この三つの原因でリキッドを漏れることが可能です。そして、悪質なアトマイザーを購入して、密封品質が合格しないので、漏れを発生します。
顧客に到着するのは正常的に使用できるために、全てのアトマイザーを出荷する前、HILIQはじっくりテストを行っていました。
2.すうとき、なぜ揚げ油の感じがある。
一般的な原因は、発熱の糸は出口に近いすぎるからです。部分のリキッドは噴霧をしなくて、そのまま直接吸気チャネルで吸入されました。発熱糸の位置をもう一度検査します。綿芯とインテークの距離を調整しれば、すぐ解決できます。
3.何故、電子タバコを吸うとき、アトマイザー中にある変な音がある。
それは発熱系でリキッドが蒸発された音です。一般、給油速度が速いほど、この音が大きくなる。設置のバランスがよければ、その音が軽くて美しいです。
4.何故、リキッドが口に直接入る
一般的にこれを引き起こす原因は君の給油の速度が速いからです。完全に煙に蒸発されないリキッドを吸われた。ほか、カプセルをよく密封しないので、リキッドを通気管に浸透されて霧化を経ていないで、直接口に吸われた。給油の速度と密封状況をじっくり検査してくだい。
5.吸うとき,なぜ焦げた味を感じます
焦げた味を発生する核心の原因は綿のリキッドの蒸発が速すぎて、あるいは綿がリキッドを導入することができなくて、綿を焼けている。解決方法は発熱量を減る。あるいは、リキッドを導入する体積を増加します。大体の完成品アトマイザーは導入する体積を増加することができない。そうすると、電池の輸出電圧あるいは出力をしか減らない。
調圧レバーを使って提案します、低いから高まで徐々に電圧や電力を調整して、最高の出力をテストします。
他の場合、リキッドは粘るすぎる。VGの割合が高すぎるので、綿が速くリキッドを吸収することができません。発熱系を焼けている。それで、焦げた味を発生した。適当にVGの割合を調整すれば、その状況を改善できます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421895536

この記事へのトラックバック