香料の選択

            香料の選択
電子タバコ用リキッドを生産するとき、タバコ用香料は不可欠な原料です。そのレシピはタバコ工業と企業のコア技術です。香料と添加剤の使用は電子タバコ用リキッドブランドの成立と発展の間は密接なつながりを持っています。
タバコ用香料は天然香料から取材を受けて産地、加工などの要素の影響を受けて、その種類が多く、成分の差異が著しいです。品質は官能と理化常数で判断できます。官能試験とは嗅覚と味覚と視覚で香料の品質を判断すます。理化常数で判断することは相対密度、屈折率、アルコール値、エステル値など理化常数の方式で判断します。粗悪な香料は溶剤味が濃いです。
官能試験:
まず:嗅ぐ
香料液は鼻のそばで置く。手で扇ぎながら嗅ぐ。あるいは、置くまま、しばらくあと、その残る香りを嗅ぐ。フルボトルの香料を直接嗅ぐことがしないでください。フルボトルの場合は味が濃すぎるので、判断に影響を与える。たくさん香料をかぐとき、コーヒー豆を準備して嗅いで、鼻を洗っている効果があります。このようには鼻の麻痺を緩和する効果があります。多すぎる香料を嗅ぐすると、鼻は麻痺になるので、判断力に影響を与える。
もっとも有効な方法はリキッドを作ります。吸って後判断します。一部分の香料は刺激名味を持っているかもしれません。しかし、電子タバコ用リキッドを作ると、希釈したので、香りは甘くて美味くて濃くになります。
品質の良くない香料を使用過ぎると、神経緊張、めまいや頭痛、舌麻や渇きなどの不良反応を発生することが可能です。
基本基準:香りの食感忠実度、かおり殘る程度、雑香あるかどうか、好み度など。
電子タバコ市場の発展に伴って、単一の味は愛煙家に満足されることができません。複合味の新しい製品はますます歓迎されます。
だから、いくつかの香料を混合して使用することがブームになります。
いくつか香料を混合することは電子タバコ用リキッドを開発する過程の革新です。いくつか種類の香料を調合するとき、元の香料の香りを守りながら新しい風格を追求します。
メインと輔を分ける。香りのクロスので、得体が知れないことを避けるべきです。もしただ味の調和を追求すると、メインと輔を分けらなくてもいいです。
いくつか種類の香料を調合することは同質の香料の間に行っています。いっぱん、味の薄い香料は先に加える。後、味の濃い香料を加える。
調合した香料とリキッドはするに使用しないほうがいいです。原理はリキッドに目覚めさせることが同じです。酒を発酵させることも同じ道理です。時間を経つによって、各成分は十分に混合することができます。味ももっと美しくなります。
おススメ店はHILIQです。サイトはhttp://www.hiliq.com/です。ご参考ください。

この記事へのコメント