ニコチンの特性と用途

      ニコチンの特性と用途
一、ニコチンの特性
ニコチンの特性
ニコチンはアルカロイドの1種類です。ニコチンは人間に強い生理作用を与えることができます。タバコを吸うとき、適当のニコチン量を摂取すると、精神を興奮させたり、疲れを取り除いたり、思惟能力を高めたり、仕事の効率を高めたりすることができます。しかし、過量のニコチンを使用すると、抑制作用と麻痺作用を起こします。
物理特性
ニコチンは常温の場合が無色で透明で油状液です。そして、水に溶けやすいです。アルコール、エチルエーテル、アセトンなどの有機溶剤で溶けられます。常圧の場合、沸点は248℃です。20℃の時、比重は1.01です。アルカリ性溶液中に置くと、水蒸気に従って、出ます。分光光度計でその含有量を測定することができます。
化学特性:
ニコチンは酸性物質と一緒に混合すると、质子化反応を発生させて、塩を生成します。
二、ニコチンの用途
( 1 )人体の新陳代謝を改善したり末梢神経機能を改善したりする薬に使用されます。また、血管の拡張、心臓血管係疾患の治療薬の天然原料です。
( 2 )農薬を製造する原料です。各害虫を殺す効果がとてもよいです。それは天然の物質として、それの最大の特徴は残毒がないです。二次汚染を起こしません。耐性を生じません。生態環境を保護する生物活性農薬です。
(3 )食品、栄養保健品、香料、化粧品、動物飼料を作るとき、添加物として使用されます。
( 4 )タバコの味を強調するために、タバコに使用されます。ダイエット薬を製造する時、使用されます。禁煙薬を製造するときに使用されます。他、化学、生物化学試薬に使用されます。
( 5 )ニコチン酸は老年痴呆を防ぐことができます。
( 6 )ニコチンは食糧害虫を防いだり治療したりする作用があります。
参考サイトはhttp://www.hiliq.com/diy-e-liquids/diy-e-liquid-nicotineです

この記事へのコメント